農地は削ればいい?!

Twitterボタン


復興支援 東日本大震災

「みんなでがんばろう 日本

               (クリックどうぞ)



最近よくテレビに出て、


福島第一原発についてお話をしている


大学教授がいます。


被災地にもネクタイ姿で行って


農地の様子をご覧になっていましたが・・・





放射能汚染された農地


2~3cm表面を削って、


そこにひまわりや菜の花を植えるといいですよ。


心も和むから・・・」


昨日もこんなことをお話していました。



放射性ヨウ素の半減期は8日間


セシウム半減期は30年。



農地を削って、


その放射能汚染された土壌


山に捨てるのですか?


雨が降れば放射性物質は川に流れ込み、


地下に埋めれば地下水が汚染されます。


土壌汚染は必至でしょう。




農地を削るって、誰がやるんでしょうか?


何を使って土壌を2~3cm削るんですか?


それにかかる費用は誰が出すんでしょうか?




今必死に農業の復興を考えている方々を


上っ面の言葉で喜ばせないで欲しいですね。







人気ブログランキングへ

   にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. おはようございます。

東京電力、原子力委員会?、専門家?みんな、汚染された地域で暮らす必要がないから、無責任なことを言ってるだけですね。

これだけの事件(敢えて事件と書きます)を引き起こしていながら、緊張感の欠片も表情に見えないヤカラが、先に挙げた連中ではありませんか?

もう汚染された土地には安全に安心して住むことは出来ないのではないか!?そう思ってしまいます。

どうすればイイのか?答えなんて無いのではないか!?そう思ってしまいます。

2. クリスタルパレスさん こんにちは♪

私たちに何ができる・・・ではないのですが、勝手なことばかり
言っている人たちを見ていると、疑問に思うことがたくさん出てくるんですよね。
こうした土地には住めないですよね。
あきらめなくてはならないのではと思います。

3. ひまわり

放射能汚染された土地で、ひまわりを植えるというのは、チェルノブイリでは実際やっていたと思います。

ひまわりは、放射能物質の吸収が他の植物より高いのです。危険性がなくなるまで30年以上かかる土壌の放射性物質をわずか20日で95%以上も除去可能とのことですよ。

放射能汚染は、畑には「ひまわり」、人には「りんごしぼりかす」というのがチェルノブイリ事故後の研究でわかったことです。

福島の畑に、ひまわりを植えることは意味のあることだと思います。

それにしても、ひまわりの重要点が伝わらず話がアホの様に感じるのは、「心も和むから・・・」という一言のせいですね(-_-;)

4. chamiさん こんにちは♪

千葉県で被害を受けている農地に、うちの肥料をまいて、
野菜を作ろうということなんですが、やはり放射性物質除去が
早くできるそうなんです。
農地を削らなくてもできることをみつけるべきだと思うのです。
削れば捨てなくてはならないのですから。

5. Re:chamiさん こんにちは♪

bion18さん おはようございます(^^)

私のブログのbion18さんへのコメントにも書きましたが・・・

「好気性発酵肥料は微生物を活性化し、土壌でその微生物たちが放射性物質を食べて被ばくしてくれるそうなんです。」

という事について、詳しく知りたいので是非教えてください。よろしくお願いします。

6. chamiさん こんばんは♪

微生物が被ばくするというのは、簡単に書いてしまったのですが・・・
被災地にただ植物を植えるのではなく、有機率の高い肥料を入れることで、
微生物の活性化は高まり、早く放射能、放射性物質を分解消失するということです。
千葉県には実験としてこの肥料をまく予定です。

7. ★bion18さんへ>Re:chamiさん こんばんは♪

肥料をまくことで、土は元気になるとは思いますが、実際には放射能や放射性物質を分解消失するのは、まだ先のことではないかと思います。研究は進んでいるのでしょうけれど・・・。

でも、お答えありがとうございます。
千葉の畑、元気な土になると良いですね。
プロフィール

bion18

Author:bion18
初めまして!最先端代替医療により健康を取り戻すことができました。体に良いモノを食べるより、体に溜まった悪いモノを出すことが一番。肝臓機能を高め、血管や臓器の汚れを排出し免疫力を最大に♪
16年前から肝臓プーリングの体験者として口コミでお伝えしています。

メッセージはこちらへ bionlife18@yahoo.co.jp

最新記事
フリーエリア
ブログ村に参加しています


全般ランキング
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる