がんになった女性はうつ病になりやすい

よくガンの手術で子宮卵巣を切り取った女性が
うつ病など精神疾患になるのを耳にします。

深い絶望感におそわれ、
仕事や趣味に対する意欲や興味もなくなり、
自分の殻に閉じこもってしまうのも当然のことと
思われるかもしれません。

しかしガンは体の病気であって心の病ではありません。
ここのところを勘違いしないでください。

手術で身体にメスを入れ、
訳の分からないホルモン剤、抗がん剤などの治療、
また薬の飲用により、
肝臓機能が低下し働きが悪くなっているのです。
効果どころか、それ以上に副作用をもたらし、
その結果今一番問題になっているのがうつ病や適応障害です。

化学薬品は症状を抑えるモノで、病気を治すモノではありません。
その副作用で自分が自分でなくなってしまうのは、
本当に辛く苦しいものです。
がんのためにと抗がん剤など大量の薬を使い、
うつ病だからと薬を飲めば飲むほど肝臓は動かなくなり、
さらに重い病気が発症します。

もしガンが発見されたら早いうちに
肝臓をきれいにして活発に動かせば、
心も元気になり、うつ病はもちろんガンも良くなっていきます。
病後頑張ろうと思っているのに身体や心が上手く動いてくれない。
そんな方には「肝臓プーリング」お勧めです!


ageo-10gatu-koen.jpg







               
ポチッと応援よろしくお願いします♪

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bion18

Author:bion18
初めまして!最先端代替医療により健康を取り戻すことができました。体に良いモノを食べるより、体に溜まった悪いモノを出すことが一番。肝臓機能を高め、血管や臓器の汚れを排出し免疫力を最大に♪
16年前から肝臓プーリングの体験者として口コミでお伝えしています。

メッセージはこちらへ bionlife18@yahoo.co.jp

最新記事
フリーエリア
ブログ村に参加しています 今日もポチッとありがとうございます♪


全般ランキング
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア