膵臓がんは気がつけば末期です

国立がん研究センターが公表した12のがんを、
進行度を示す「病期(ステージ)」別にみると、
膵臓(すいぞう)がん患者の4割が治療前の時点で
最も重い「4期」、末期に達していることが分かったとのこと。

すい臓は胃の裏側の体の深部にあり、
他の臓器に囲まれているため早期発見しにくく、
肝臓と同様「沈黙の臓器」と呼ばれ、
よほどがんが進行しないと症状がでにくく、
生存率も低いとされています。

しかしながら、すい臓がんも生活習慣病。
ある日突然がんになったのではありません。

飲酒や喫煙、肥満、ストレス、
肉類や脂肪分の多い食事などの不摂生のために、
20年以上の時間をかけて身体を蝕んでいったのです。

先日「すい臓がん」かもしれないと言われ、
すぐに肝臓プーリングして元気になられた方がいらっしゃいます。

天然ハーブを主成分にした肝臓プーリングには
素晴らしいパワーが潜んでいます。
肝臓だけでなくすい臓、胆嚢、胃、小腸、大腸等に溜まった
たくさんの老廃物を除去し機能を高め、免疫力を最大にし、
ガンを退治することができるのです。

難病を体験、克服した者としては
歳をとればとるほど、健康であればこそ!と思いますし、
何と言っても元気に毎日を生きることができるのを、
最高の幸せ!と実感するのです。



sora-9gatu-basia3.jpg




               

ポチッと応援よろしくお願いします♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bion18

Author:bion18
初めまして!最先端代替医療により健康を取り戻すことができました。体に良いモノを食べるより、体に溜まった悪いモノを出すことが一番。肝臓機能を高め、血管や臓器の汚れを排出し免疫力を最大に♪
16年前から肝臓プーリングの体験者として口コミでお伝えしています。

メッセージはこちらへ bionlife18@yahoo.co.jp

最新記事
フリーエリア
ブログ村に参加しています


全般ランキング
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる