有機をやる勇気



形の様々なさつま芋を頂いてきました。


いろんな形をしているので、お店には出せないそうです。



<簡単焼き芋>

  

  きれいに洗って、1本ずつラップでくるんでレンジで10分。


  串をさして柔らかくなっていたらラップを取って、


  水気をふいて、オーブントースターで10分焼く。



ホクホクの簡単焼き芋で~す。


早くできて、焼き芋らしい美味しさがあって、賢い方法ですよ。




最近はバナナにしても、有機栽培とか先に売切れてしまったり、


健康にいいからという理由で、有機農産物を食べたいという人は


どんどん増えていますね。


それはいいことだと思うのですが、実際に日本で


どれだけの有機農業が行われているか・・・


有機農業が行われている面積は、耕地総面積の


たった0.16%なんだそうです。


えっ? 


手間も時間も費用もかかるから、やりたくても実際に


有機農業に手を出す人は少ないのでしょうね。


お店に出すのは化学肥料・農薬たっぷりで、


自分で食べる野菜は有機肥料・無農薬という農家を


多く見かけます。




半世紀の間、化学肥料の大量施用により土は死んでしまい、


塩害、土壌侵食、酸性化を起こしやすくなってしまいました。


そのため作物が上手く育たなくなり、軟弱にもなり、


病気や害虫の発生をどんどん引き起こし、


結果農薬の使用が多くなっていくのです。


悪循環ですよね。




一方で有機農業に力を入れ、食料自給率も


ほぼ100%になっている国はたくさんあります。


しかし日本は食料自給率40%・・・


日本のように商品を売るための “有機” ではなく、


生きた土作りを考えた、本物の “有機” が行われるよう、


我々の健康と安全を考えた有機農業を実践して欲しいのです。


また誰もが有機野菜を売りやすく買いやすくできるように、


世の中が変わってくれたらいいなと思います。




    おからで作った堆肥です~



にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 私も同感です。

当地人吉市では、今年から有機農業モデルタウンとして国から認定を受け、現在有機農業の推進を行っていますが、まだまだ課題が多くて大変です。もっと、農家が容易に有機農業に取り組まれるような環境整備を進めていく必要があると実感しています。

2. 0.16%

ですかあ?
私が頼んでいるところは
一応注文は出すんですが、
たくさん余っている野菜は割り当て、
不作という時は我慢と
生産者の方を守って作っていただくための
暗黙のルールがあります。
頑張って作り続けていただきたいものです。

3. 無題

日本で有機肥料の認知度って低いみたいですね
アジアからの有機肥料を売りたいのですが、なかなか顧客にヒットしません
使ったことが無いから知らないってことなんだろうと考えます

4. こんにちは♪

うちも両親がかなりうるさくて、
JASマークや有機栽培ものしか買いませんが、それでも父は「水は巡っているのだから、
川上で農薬使ってたら有機も何もない。」といつも言います。
有機と謳っているものでも完全なものはないんだと。
また地場野菜など売られている道の駅では絶対買いません。
農家の人たちの中には、
農薬を薄めて使う時に規制より濃くして使う方が多いそうです。
その方が虫が寄ってこないから。
昔、農家をやっている友人のお母さんが
「説明書きに書いてあるより少し濃いめに薄めて使ったほうがいいよ」
と言って、おばあちゃんと話しているのを聞いたのを覚えています。

5. blog350623さん こんにちは♪

まずは農家が積極的に有機について取り組んでいこうとする環境が
あることですよね。
個人で頑張ろうとしても、なかなか難しいことだと思います。
人吉市の様子はとても参考になりますよ。

6. タッキー先生 こんにちは♪

思った以上に少ないですよね~
生産者と消費者が一緒になって助け合いながら、
有機を守り、少しずつでも広げられたらいいなと思います。
機械のようにはできないことですものね。

7. パンサーさん こんにちは♪

有機肥料といっても、日本のものは3割程度のものが多いですよね。
どちらで、どんな肥料を作られているのですか?
とても興味あるのですが・・・

8. fluteさん こんにちは♪

いい言葉ですね。
ただただ、頷いてしまいます。
きれいな水、土、空気を私たちは求めていますが、現実はそうでは
ありません。
とても難しいことですが、何としても農薬で死んでしまった土地を
改善していきたいと思っています。
農家の人たちには、もうそろそろ考えを見直して欲しいものです。

9. 無題

「いろんな形をしているので、お店には出せない」という所から、オカシイ!と思ってしまいます。送りモノにするならまだしも、普段使いの野菜、自然のものなら色々な形になるのは当たり前なのでしょうに。。。 >.<

10. 賛同します

--お店に出すのは化学肥料・農薬たっぷりで、
自分で食べる野菜は有機肥料・無農薬という農家を多く見かけます。--

 そうです。自分で食べる分は消費者の立場で作ります。出荷する際は生産者として作ります。
見た目の良いものを求める、消費者のおろかさが問題ではないでしょうか。それに付け込む小売業者も問題です。売れればよいのです。
 地産地消が求められる理由です。利益さえ出せば良いと考える業者を経由しない事が大切です。

http://blog.livedoor.jp/igoigoigo45/
連絡はこちらへ

11. シャンティcocoさん こんにちは♪

これがJAがやってきたことなんですよ。
同じ大きさ形の野菜ができるわけがないんですよね。
化成肥料たっぷりですから、それを考えるとオソロシイですよ。

12. パイロットさん こんにちは♪

中味よりも見た目だけを考えてきた農業は、ここで考えを
変えるべきですよね。
今、直売所に消費者が群がっていますが、果たして
実際にどんな野菜が生産されているのか・・・ 判断できる
消費者であって欲しいものです。

13. 有機肥料の実際は

鮪と鰹のソリュブルを酵素分解したものです
酵素分解していないソリュブルと脱脂米糠との吸着もあります
タイから日本の肥料業者へ提供するために営業中なんです

14. パンサーさん こんにちは♪

ソリュブルという言葉が聞きなれないため、日本ではそれを知る人は
少ないのかもしれませんね。
肥料を理解できる人は、日本でも少ないです。
プロフィール

bion18

Author:bion18
初めまして!最先端代替医療により健康を取り戻すことができました。体に良いモノを食べるより、体に溜まった悪いモノを出すことが一番。肝臓機能を高め、血管や臓器の汚れを排出し免疫力を最大に♪
16年前から肝臓プーリングの体験者として口コミでお伝えしています。

メッセージはこちらへ bionlife18@yahoo.co.jp

最新記事
フリーエリア
ブログ村に参加しています


全般ランキング
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる