桜の季節には ストレスが起こりやすい



桜の花が咲き始め、気持ちは嬉しいはずなんですが、

低気圧と高気圧が激しく入れ替わることで、

自律神経の切り替えがうまくいかない・・・


それによって体調も思わしくなくなり、


気持ちの面ではイライラ、不安、憂鬱、

肉体面では便秘、下痢、胃腸障害、倦怠感、

肩こり、不眠、仮眠、頭痛などが起こりやすくなります。


心身に起こる負担を取り除くために、

肝臓を元気にしましょう!とお話しているんですが、

皆さんの肝臓は疲れていませんか?



肝臓には思った以上の負担がかかっています。


食べ過ぎると過剰な栄養の処理におわれ、

肝臓がフル回転し続け疲れてしまうのはもちろんですが、

食べ物の種類にも原因はあります。


フライ、天ぷら、スナック菓子、卵、牛乳、チーズ、ヨーグルト、

肉類、パン、パスタ、麺類など、

高タンパク、高脂肪の食事を処理するのは

肝臓には手間がかかるので、

余計な仕事が増えてその分疲れます。


それらの食事に含まれる食品添加物や

食材に使われる農薬、常用している化学薬品も、

身体にとっては余分なモノ

分解して体の外へ排出しなくてはならず、

またまた肝臓は疲れます。


なかでも化学薬品には

交感神経を興奮させる作用があるモノも多いため、

余計な仕事を肝臓に与えることになります。



私たちは健康であれば精神的に前向きになりますが、

肝臓機能が低下すると慢性疲労の原因や

ストレスに弱い体質になってしまいます。
それらが重なる事で、自律神経も乱れやすくなります。

ストレスは交感神経を緊張させて対処しようとするため、

その間多くの内臓の血流量も減少させてしまい、

肝臓にはかなりの負担がかかります。


また寒暖差による冷えはホルモンの働きを悪くしますし、

血のめぐりも悪くなるために、ストレスもプラスし、

肝臓はうまく働けなくなっているんですね。



肝臓には500以上の機能があると言われていますが、

次から次へと不要な仕事が押し寄せてくるために、

疲れ果ててしまうのです。


桜の季節にストレスを感じたら、

肝臓が疲れているのかもしれません。





ポチッと応援ありがとうございますコスモス

↓ ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村


いつもありがとうございます。(^_^)/

皆さんの応援が励みになっています。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bion18

Author:bion18
初めまして!最先端代替医療により健康を取り戻すことができました。体に良いモノを食べるより、体に溜まった悪いモノを出すことが一番。肝臓機能を高め、血管や臓器の汚れを排出し免疫力を最大に♪
16年前から肝臓プーリングの体験者として口コミでお伝えしています。

メッセージはこちらへ bionlife18@yahoo.co.jp

最新記事
フリーエリア
ブログ村に参加しています


全般ランキング
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる