がん検診していれば大丈夫?

「40代の女性を対象にした乳がん検診の大規模臨床試験で、

マンモグラフィー検査に超音波(エコー)検査を加えると、

早期の乳がんの発見率が1.5倍に上がったとの結果を発表」

                             (クリックどうぞ)



乳がん検診を毎年行っているのに、

発見した時にはかなりガンが進んでいることが多いですね。


1,2年でガンになるのではなく、

数十年かけて体内でガン細胞は成長しているのです。


またガンになったからと部分だけを手術で除去しても、

ガンは体内に残っていて再発や転移の可能性も高いです。


ガンを退治するには、自分の免疫力を最大にし、

そのためには肝臓機能を活発に動かすことが必要なのです。



乳がん3期の女性はプーリングし、

10年経っても転移も再発もなく、薬も飲むことなくお元気です。
当時医者からは

  「まずは5年生きてみなさい」

と言われていたそうなんです。


今は75歳、お顔もかわいいピンク色していて、

まさか10年前に乳がんⅢ期だったなんて思えないくらい。


  「やっぱりあの時に肝臓機能を活発に動かすことができたから

    こうして異常もなく元気でいられるんですね。

   毎日1時間歩いていますよ♪」


この女性の嬉しそうなお顔を見ていると、

あの時に肝臓プーリングのお話をして

本当によかったと思っています。








ポチッと応援ありがとうございますコスモス

↓ ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村


いつもありがとうございます。(^_^)/

皆さんの応援が励みになっています。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bion18

Author:bion18
初めまして!最先端代替医療により健康を取り戻すことができました。体に良いモノを食べるより、体に溜まった悪いモノを出すことが一番。肝臓機能を高め、血管や臓器の汚れを排出し免疫力を最大に♪
16年前から肝臓プーリングの体験者として口コミでお伝えしています。

メッセージはこちらへ bionlife18@yahoo.co.jp

最新記事
フリーエリア
ブログ村に参加しています 今日もポチッとありがとうございます♪


全般ランキング
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア