副作用だらけの薬から 最先端の代替医療へ

私が20代30代のころは国立病院や大学病院へ
毎月通っていて、半年に1度のCTやMRI検査。
脳外科でしたのでそこで処方された薬は
朝昼晩キチンと飲んでいましたが、
段々眠れなくなり、胃腸も鉄のように硬くなり、
そのために入院したり。。。
今は何があっても絶対薬は飲みませんけど。

だからといって脳外科と胃腸科は別物と考えていましたね。
今の日本の医療にどっぷり浸かって、
副作用がいっぱいの薬を何錠も飲んでいたのですから、
異常が出るのは当然のこと。
血液もどんどん汚れていきますしね。

薬を飲むのは状態を良くしようと思ってのはずなんですが、
いつの間にか体調も悪くなっていき、
あちこちがいままでとは違ったことになっていて、
でもこれが自分の運命でしょうがないと
変な方向へ自分を持っていってしまっていたのです。

病気を克服しようと病院へ行っていたはずが、
全くいいことなくて、どんどん状態が悪くなっていく。

薬は抑えるモノで、治すモノではありません。
飲み続ければ肝臓機能は低下し、
今までになかった病気も次から次へと発症するでしょう。

38歳の時に大量の薬を飲むことをやめ、
最先端の代替療法によって病気も改善し、
10代からの長い苦しみから離れることができました。
現在55歳、健康診断も良好でウォーキングや卓球、
ヨガや腹式呼吸にも精を出しています。

明るく生きるって、なんて素晴らしいことなんでしょう。
健康であれば何でもできる!と実感しています。
肝臓プーリングできたこと、
肝臓機能を高めることが大切だという事を
教えていただいたアメリカの先生方には感謝です。


IMG_20170515_123108.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

ポチッと応援よろしくお願いします♪

スポンサーサイト

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

歩くことは全身運動

車を運転してあちこち仕事に出かけていた母も、
83歳になった今右足を引きずるようになりました。
ぼーっとしていることも多くなり、
人は歩かなければ健康でいられないと
つくづく思うのです。

歩くという事は全身運動なんですね。
とにかく、歩かないと足の筋力が落ちます。
朝起きた時から足がだるく重くなって
一晩寝ただけでは回復しなくなってくるんです。
当然こうなると動くのが億劫になって、
ますます足を動かさなくなります。

ほとんどの人は「歳なんだから、しょうがないわ。」といいますが、
歳のせいではなく、これは筋力の低下です。
普段から歩いてないからすぐにしんどくなるのです。

足の筋肉は姿勢を保つのにとても大切な筋肉なのですが、
姿勢維持ができないとだんだん前かがみになってきます。

なかでも太ももの筋肉ってとても大切なんですよ。
太ももの筋肉が低下すると、腰や背中、肩、首など
足で支えられない分を腰などで支えることになり、
体のバランスがおかしくなります。
膝も上がらなくなり、
何でもない所でつまづくようになります。

面白いことに、
地方や田舎の人はとにかく自動車で動くことが多く、
運動不足になっていますね。
肥満や糖尿病も多いです。
逆に都心部のほうが
電車の乗り換えや駅から会社までを
徒歩で通勤したりしますので結構歩いています。

母の姿を見ていると、これから半世紀の
自分の生き方を考えずにはいられません。
歳をとっても背筋を伸ばし、
颯爽と歩いていきたいと思うのです。

bara5gatu-15.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

ポチッと応援よろしくお願いします♪

テーマ:体と心と元気になること - ジャンル:心と身体

潰瘍性大腸炎から15年 40歳女性

15年ほど前になりますか、
潰瘍性大腸炎で肝臓プーリング等で
治療された女性がいるんですが、
久しぶりにお会いしてきました。

結婚されて9年目に男の子が生まれたそうです。
今は2歳半で元気いっぱいやんちゃ坊主、
お祖父ちゃんもお祖母ちゃんも
追いかけるのが大変だけれど、
風邪を引くこともなく健康でいてくれるのが一番と
ニコニコ嬉しそうでしたよ。

当時娘さんは難病と指定され、
腸が弱く、制限された食事をしていて、
血便が出ればその都度通院しなければならなくて、
ご両親もいつも不安な気持ちでいっぱいだったそうです。

でも肝臓プーリングをできたことで、
検査をしても医者が驚くほど炎症も治っていて、
しっかりと潰瘍性大腸炎を克服できたこと。

そして冷え性、便秘、偏頭痛でたくさんの薬を飲んでいた
娘さんの体調も改善することができたから、
こうして元気な強い子が生まれたのだろうと話してくれました。

肝臓機能を高めて活発にすることは
一時的なモノではなく、
健康的な家庭をつくるためには
とても大事なことなんですね。


bara5gatu-2.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

ポチッと応援よろしくお願いします♪

テーマ:体と心と元気になること - ジャンル:心と身体

死と背中合わせ うつ病

うつ病は心の病と言われますが、
常に死と背中合わせなのです。

医者はすぐに薬を飲むように言います。
段々眠れなくなり、睡眠薬が処方されます。
薬も強くなり、今度は胃薬が処方されます。
薬は効かなくなれば別の薬になっていきます。

そうこうしているうちに10年が経ち、
ある人はアルコールに依存するようになります。
軽いうつ病だったはずが、重度のうつ病に。
そして肝臓の数値にも現れて、
気が付くと肝硬変になっているのです。

それから10年ほどすると肝臓機能は悪化、
腹水が溜まれば後は死を待つだけ。
こういった人を何人も見てきましたし、
肝臓機能を高めたことで
うつ病までも克服した人もたくさんいます。

うつ病には一つのパターンがあって、
ほとんどが薬によって20年ほどで
肝硬変やガンになっていくことを
皆さんに知っていただきたいと思います。

自分は肝臓は元気と思っていても、
薬やアルコールによって、
命までもが簡単に断たれてしまうのです。
うつ病の方や薬を多量に服用している方は
早いうちに肝臓機能を高めておくことが大切です。


hana-5gatu-akiyo.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

ポチッと応援よろしくお願いします♪

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

体に良いモノを入れることより 悪いものを排泄することが大切です

最近はお酒を全く飲まない人でも肝臓障害がでたり、
脂肪肝になる人も増えているとのこと。

肝臓には解毒、代謝などの機能もあるし、
肝臓が元気であれば
 “長生き!やせる!肌キレイ!”
と、さかんにテレビでもやっていますよね。

ある医師は肝臓を元気にするためには、
コーヒーを1日1ℓ飲む。
ご飯を少なくして、高タンパク質を摂る。
カロリーを減らしましょうと言います。
またある大学教授は良質の肉を食べるように勧めます。

低炭水化物―高タンパク質で食事を摂れば
多少は体重が減ったり、体調も良くなっていくでしょうが、
それで肝臓が活発に働いているわけではないんですね。


私は実際に肝臓を1日でキレイにしたのですが、
体の様子が変わっていきました。

例えば子宮内膜症で右腹に大きな塊があったのですが、
切らずに治すことができました。
生理中の黒くドロドロの血もきれいな色になったり、
肌が汚くなっていたのも毛穴が小さくなりしっとり、
薄毛で抜けてばかりだったのも、しっかりした毛髪になりました。
冷え性もなくなり、汗をかくようになり、体温も上がりました。
硬かったお腹も柔らかくなり、スッキリと出てくれます。

カラダの中にいいモノを入れることより、
カラダの中で澱んでいる悪いモノを排泄することが
とても大切なんですよ。
体験して初めてわかりました。

血管や臓器や皮膚が一気にきれいになるのではなく、
老廃物をどんどん排泄し、肝臓機能が活発に働くことで、
免疫力は高まり、“長生き、やせる、肌キレイ”になっていきます。

歳をとれば取っただけ、体は汚れ機能は低下します。
体調不良であれば、今のうちに肝臓を元気に動かすことが一番です。
肝臓プーリングしてみませんか♪
体が楽になるし、とてもウキウキ気持ちいいです\(^o^)/


hana-2016churipu.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

ポチッと応援よろしくお願いします♪

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

プロフィール

bion18

Author:bion18
初めまして!最先端代替医療により健康を取り戻すことができました。体に良いモノを食べるより、体に溜まった悪いモノを出すことが一番。肝臓機能を高め、血管や臓器の汚れを排出し免疫力を最大に♪
16年前から肝臓プーリングの体験者として口コミでお伝えしています。

メッセージはこちらへ bionlife18@yahoo.co.jp

最新記事
フリーエリア
ブログ村に参加しています
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる